To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Monday, September 14, 2015

Tatsuo Kage: Some Background of the “Comfort Women” Issue  鹿毛達雄: 「従軍慰安婦」問題をどう見るか―河野談話に寄せて

Tatsuo Kage, historian and human right activist based in Vancouver, BC, Canada, wrote an article in Japanese for the April 2015 issue of JCCA Bulletin, a monthly magazine for Japanese Canadians, on the "comfort women," or the issue of wartime Japanese military sex slavery. Here is an English version of it. For more information about Tatsuo Kage, see report of his talk "Living Through History" on this blog. Also see JCCA interview "Tatsuo Kage: commitment to human rights." For background of the local discussion on the plan to build a "comfort women" statue in Burnaby, BC, see Satoko Oka Norimatsu's report that appeared in Japanese weekly journal Shukan Kinyobi. An English version of the report, "To Build a “Comfort Women Statue” in Canada: Testing the Multicultural Society Amid Opposition" is available HERE. カナダ・バンクーバーの歴史家・人権運動家である鹿毛達雄氏による記事「『従軍慰安婦』問題をどう見るか - 河野談話に寄せて」(JCCA Bulletin 2015年4月号掲載)の英語版を紹介します。下方に日本語版も掲載。バンクーバーの隣町、バーナビー市での「慰安婦像」建立計画については『週刊金曜日』4月24日号「設置反対の運動で試される多文化共存社会――カナダで『慰安婦像』の動き」(乗松聡子著)を参照。英語版はここにあります。




Some Background of the “Comfort Women” Issue

Tatsuo Kage

(Translation:  Article in the JCCA Bulletin/Geppo, April 2015 issue)

Tatsuo Kage 鹿毛達雄
 On August 4, 1993, Mr. Yohei Kono, the Chief Cabinet Secretary, made a statement. This is one of the basic documents for understanding the reflection of Japan’s recent past as well as the course taken by the country. Even though it was published over 20 years ago, the document is worthwhile to recall, particularly at the present time with Japan’s difficulties with neighbouring nations. He states as follows:   

“As a result of the study which indicates that comfort stations were operated in extensive areas for long periods,  it is apparent that there existed a great number of comfort women.  Comfort stations were operated in response to the request of the military authorities of the day. The then Japanese military was, directly or indirectly , involved in the establishment and the management of the comfort stations.”  “Undeniably, this was an act with the involvement of the military authorities of the day, that severely injured the honor and dignity of many women. The Government of Japan would like to take this opportunity once again to extend its sincere apologies and remorse to all those, irrespective of place of origin, who suffered immeasurable pain and incurable physical and psychological wounds as comfort women.
This statement is the official position of the Japanese government at the time. It is known that in drafting this the Japanese government had close communication -  exchange of opinions - with the Korean government. The issue is, however, not limited to Korea (ROK) which was Japan’s colony at the time. It is an occurrence of forced sexual service for Japanese military and civilians in the occupied territories in China and Southeast Asia where girls and women were, against their wishes, forced to provide sexual services. Women of Dutch origin in Indonesia (Dutch East Indies then) were also victims in this matter. Against their will, these women were forced to work in brothels. As a grave violation of Human Rights took place, this is often and rightly called as sexual slavery.

As the above cited statement says, it is an issue that “severely injured the honor and dignity of many women.”  Therefore it can be regarded as the violation of  international conventions and war crimes.  However,  the Kono statement did not mention the criminal nature of the sexual slavery which could inevitably lead to prosecution, punishment,  apology and compensation. The position of Japanese government is not clear on this aspect in the statement, as pointed out by Prof. Yoshiaki Yoshimi, a prominent researcher on this topic.

Unresolved Issues
The San Francisco Peace Treaty was concluded in 1951.  There were countries such as Korea and China which were neither invited to the Peace conference nor signed the treaty. Such countries eventually concluded a separate peace treaty with Japan and bilateral relations were normalized.  These treaties customarily include provisions regarding reparation, and the reparation issues are regarded as resolved.

However, the issue of comfort women is unique and an exceptional case on this point, because it was not discussed at the time of the conclusion of peace/normalization treaties in the 1950’s and 60's as it was not known widely or openly discussed. The former comfort women were hesitant to speak up, as they were afraid to be discriminated because of such experiences. As time went on, a Korean woman “came out” and spoke openly in 1991. Since then it became a social and political issue. Some of them started lawsuits against the Japanese Government. Many others from other Asian countries also came out.

But as a whole such lawsuits were unsuccessful, as the Japanese government  successfully argued that the issue of compensation for wartime damages was resolved by the peace/normalization treaties. 

In regard to the comfort women, the Asian Women’s Fund was established in 1995 in Japan with private donations and the government funding for its management. This NGO expended a gift of sympathy money of 2,000,000 Yen (ca. $20,000) to 285 former comfort women from Korea, Taiwan and Philippines. But some victims refused to accept the money as they wanted to have a compensation from the government fund along with an apology of an official nature, e.g., a resolution by the Diet.

International Criticisms
There have been numerous criticisms against the Japanese government’s handling of the issue. In 2007, the parliaments of various countries including Canada, the United States, and EU passed a resolution urging the Japanese government for a resolution which would be satisfactory to the victims. A few years ago, In Seoul, Korea, a girl’s statue to commemorate the comfort women was erected in front of the Japanese Embassy at time when weekly demonstrations demanding resolution reached 1,000 times.  Hwaseong city near Seoul, sister city of Burnaby, BC, has a plan to donate a copy of the statue and a group of Korean Canadians in BC  are fundraising for the erection of the statue in Central Park in Burnaby. A group of Japanese and Japanese Canadian people has been campaigning against the erection of the statue. They say that it will create a friction and division of otherwise harmonious multicultural community.  

The Japanese government under Shinzo Abe as Prime Minister has been trying to revise the official position of the government expressed in the Kono statement. The current government leaders argue that no historical documents have been found to prove that the women were forced to engage in prostitution against their will.  They also argue that the comfort women were not sexual slaves. 

The position of those who are against the erection of the statue runs parallel to the current government's  stance. I wonder what the Japanese government and those local Japanese or Japanese Canadian people have learned from the past - from the time of the Kono statement over 20 years ago.   

(Disclaimer: The above statement is my personal view, and not the position of the GVJCCA or JCCA Human Rights Committee. )


JCCA Bulletin 人権委員会のページ 20154月号

「従軍慰安婦」問題をどう見るか―河野談話に寄せて

 199384日、河野洋平内閣官房長官は「従軍慰安婦」問題にかんする談話を発表した。この談話は日本の近い過去の反省やその後の日本の歩みを考える上で基本的な資料のひとつである。20年以上前のものだが、最近、日本の対外関係、特に近隣諸国との関係が難しくなっている時、想起に値するものである。河野氏は次のように言っている。

「今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設立され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設立されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。」「いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多くの苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちをわが国としてどのように表すべきかと言うことについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。」(抜粋

 この談話は「 従軍慰安婦」問題にかんする当時の日本政府の公式見解を示すものである。これの作成にあたって、韓国政府との緊密な意見の交換・調整があったと伝えられている。しかし、この問題はかって日本の植民地であった朝鮮(韓国)に限られたものではない。日本が侵略し、占領した中国や東南アジアでその地域の女性を本人の意思に反して日本の軍隊や民間人のために性的サービスを強制した事件でもある。なお、その中にはオランダ領東インド諸島{現在のインドネシア)在留のオラン ダ人の女性も含まれている。現地の女性たちが本人の意思の反し、強制的の連行され、性的サービスを強制されたという重大な人権侵害として注目する人びとはこれを「性奴隷」と呼んでいる。

談話の中で言われているように、「多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた問題」であったのなら、国際法に違反し、戦争犯罪を犯したことになる。そうであれば、犯罪の承認と謝罪や損害賠償が問題となるのが当然であるが、河野談話ではこの点に関する日本政府の立場は明確にされていない、という問題が残されている。(参照:吉見義明『従軍慰安婦』、岩波新書、1995年。)

残された問題
 1951年にサンフランシスコ講和条約が締結された。講和会議に招かれず、したがって調印していなっかた韓国や中国などとは、その後の個別の国交回復条約などによって関係が正常化されている。講和条約や国交回復条約などには、何らかの損害賠償の規定が含まれ、そしてそれによって賠償問題が解決したと合意されるのが慣例である。

 その点からして、従軍慰安婦の問題は例外的なものである。なぜかと言うと、国交回復に関する条約の締結の時点で、そしてその後も問題の存在が一般にはあまり知られていなかったし、公的な場で取り上げられることも躊躇されていたからである。当時、多くの慰安婦体験者は自分の経験が周囲の人びとに知られて白眼視されることを恐れて、沈黙していた。しかしやがて、体験者が「カミングアウト」して、その被害経験を公に訴えるようになった。1990年代になってからのことである。日本政府が国会で「『慰安婦』は民間業者が軍と共に連れ歩いた」と答弁したことを知った韓国の金学順(キム・ハクスン)さんは憤慨し、19918月にかって慰安婦であったことを公言し、それを内外のメデイアが取り上げ、問題が広く知られるようになった。そして、金さんなどは1992年末に日本政府に謝罪と賠償を求めて東京地裁に提訴している。それがきっかけとなって、アジア各地で被害者が名乗り出て、日本の裁判所で国を相手とする裁判を起こしている。 
 
 しかし、この件を含めて、戦時中に蒙った被害の賠償を日本政府を訴えても、講和条約や個別の国交回復条約などで解決済み、さらに、時効であるという政府の立場が裁判所に認められて敗訴している。90件もある戦後補償の訴訟の中で解決が得られているのは、訴えられた民間企業が強制労働などの被害に関して和解に応じた場合で、その件数は限られたものである。(参照:田中弘他著『未解決の戦後補償―問われる日本の過去と未来』、創史社、2012年。)
 
 慰安婦問題については その後、1995年に財団法人「アジア女性基金」が民間の資金と政府の経費負担によって設立された。そしてこの非政府機関が2007年に解散されるまでに、韓国や台湾、フィリピンでは元慰安婦の人びと285人に一人当たり200万円の「償い金」(当初は「見舞金」と呼ばれていた)が支払われている。しかし、たとえば韓国では、これが政府の資金からの賠償金ではないことや国会決議などに基ずく正式な謝罪でないことに反発する多くの被害者が受け取りを拒否している。

国際的批判への対応
 それ以外にも、日本の対応については国際的な批判が絶えない。例えば、数年前の2007年には、カナダや米国の議会、ヨーロッパ連合などでは、日本に対してこの問題の解決を求める決議を採択している。

 韓国ソウルでは日本大使館前で抗議集会が毎週おこなわれていて、1000回を超えた。そこに慰安婦を記念する少女像が設置されていることも知られている。少女像の複製はすでに米国の二箇所でも設置されている。当地、バーナビーでも韓国の姉妹都市から少女像の寄贈を受けて、韓国系の人びとの間で設置のための資金募集が始まっている。しかし、この計画に対して、移住者と思われる当地の日本人のグループが市議会に反対の意思を伝えるために署名運動を始めている。

 しばらく前のこと、201211月に日本の国会議員39人の連名で米国の新聞にこの問題に関する意見広告を発表している。その賛同者として、安部晋三首相や閣僚の名前が含まれている。(http:blogos.com/article/53481/  201316日の記事)その中で「女性がその意思に反して日本軍に売春を強要されたとする歴史的文書は . . . 発見されていない」「慰安婦は『性的奴隷』ではない」などと主張し、強制性や日本政府の責任を否定しているが、その点で、冒頭で触れた河野談話の内容を見直し、否定するものである。  

 当地の少女像設置に反対する立場もこれと軌を一にしている。河野談話は20年以上前のこと。その後、現在に到るまで、何も学ばず、むしろ過去の誤りを否定し忘れることによって、時計の針を逆転しようとしている国政の指導者、そしてその立場を全面的に支持する一部の人びとがいるのは残念なことである。

(お断り:この文章は私の個人的見解を記したもので、GVJCCA、あるいはJCCA人権委員会の見解ではないことをご承知いただきたい。)

鹿毛達雄
(Tatsuo Kage, Member, GVJCCA Human Rights Committee)

Thursday, September 03, 2015

NYTデイヴィッド・ヴァイン論説和訳: 米国内基地だけでなく在外基地を閉鎖せよ Don’t Just Close Bases at Home, Close Them Overseas - Japanese Translation of David Vine's NYT Op-Ed

 米国の国家予算の中で突出した軍事支出が国内から批判にさらされ、議員の支持基盤を失う政治的困難と天秤にかけながら基地の閉鎖がおこなわれてきた。しかし在外基地は周辺地域に多くの問題を引き起こすばかりか米国の安全保障に悪影響を及ぼす。在外基地の中には建設当時と事情が変わって存在意義が薄れたものもある。しかも在外基地は米国議員の票田とは無関係なのに、これを閉鎖しようとする動きは鈍い。このことを批判したデイヴィッド・ヴァイン(アメリカン大学人類学准教授)による文章を翻訳でご紹介する。ニューヨーク・タイムズのオピニオン欄に、このような在外基地問題を批判的に扱う文章が掲載されるのは画期的なことである。
(前文、翻訳:酒井泰幸 翻訳協力 乗松聡子 注:和訳は投稿後微修正することがあります。)

原文は、
Don't Just Close Bases at Home, Close Them Overseas 


米国内基地だけでなく在外基地を閉鎖せよ


デイヴィッド・ヴァイン
2015年7月27日 ワシントン発
David Vine

 9万人近くの雇用を失いたくなければ基地を閉鎖せよと、今月初めにペンタゴンが迫った後、議会は国内の軍事基地を再びいくつか閉鎖することを、間もなく承認しそうな兆候がある。軍は何年もの間、活用されていない国内の軍事施設を閉鎖するために議会で義務づけられた、軍事基地再編閉鎖(Base Realignment and Closure:BRAC)の手続きを繰り返して、経費を節減しようとしてきた。

 米国内にくまなく配置された基地の20パーセント以上は過剰だとペンタゴン自身が推計しているので、この取り組みにより何十億ドルも浮かすことができるかもしれない。しかし議会がこれに抵抗してきたのは、地域の基地が雇用と票をもたらすからである。

 しかしながらBRACは、700以上もある在外米軍基地には適用されない。ドイツに174、日本に113、韓国に83、その他アルバ[訳註1]からケニアやタイまで70カ国に、何百もの米軍基地が存在している。軍と議会は税金を浪費し国家安全保障を掘り崩す在外施設の閉鎖へと進むべきである。

 毎年アメリカの納税者は、海外に駐留する軍人に、本国の軍人に比べ1人当たり平均1万ドルから4万ドルも余計に払っている。私の6年にわたる海外基地の研究の中で、非常に控えめに計算した結果、在外施設と軍隊の維持には2014年に少なくとも850億ドルを要しており、国防総省自体を除くあらゆる政府機関の裁量予算を上回っている。アフガニスタンとイラクへの駐留を加えると、総額は1560億ドルに達する。

 ブッシュ・オバマの両政権は、特にヨーロッパでは基地閉鎖をいくらか進展させた。それでも、全世界で基地の大きさには余剰があることを、軍は認めた。

 残念ながら、軍の内外では多くの人々が、巨大で豪勢な在外基地群の維持に躍起になっている。たとえばヨーロッパでは、ペンタゴンは既存基地の閉鎖と並行して新基地の建設に何十億ドルも費やしてきた。オバマ大統領の「太平洋基軸」戦略のために、すでに軍が何百もの基地と何万人もの軍隊を抱えている地域に、何十億ドルも追加支出することになった。ペルシャ湾に新たな恒久的基地インフラを建設するためにも、同様に数十億ドルが費やされた。

 新基地の建設を止め、ヨーロッパで冷戦基地の閉鎖を進めれば、経費を節減できることは明らかだし、太平洋とペルシャ湾でずさんな構想の下の何十億ドルもの増強計画を廃止することもまた重要な手段である。

 多くの人々にとって、特に中国の力が増大しつつあり、ロシアとの緊張が高まりつつある中での在外基地の閉鎖は、孤立主義への方向転換を合図し、国家安全保障を弱めることになるとの心配があるのは理解できる。時代遅れとなった米国の冷戦時「前方戦略」[訳註2]を支持している人々は、在外基地は敵国を牽制し平和を維持するから、国家安全保障に必要だと感じている。

 しかしながら、ブッシュ政権時代の統合参謀本部の研究と、ランド研究所の研究によると、軍隊を空と海から運ぶ技術の進歩によって、軍隊を前方に駐留させることの利点はほぼ帳消しになってしまったことを示している。概して軍は、在外基地から展開するのと同じくらい素早く、国内の基地から軍隊を展開することができる。在外基地が長期的抑止力の一つの形として有効であることを証明した実証的な研究は皆無に近い。

 いっぽう、米軍の海外駐留はアメリカ人への反感を引き起こしてきた。1980年代ドイツでの爆撃や、2000年イエメンでの海軍駆逐艦コールへの攻撃のような場合では、軍隊は手近な標的だった。サウジアラビアに駐留するアメリカの軍隊の存在は、オサマ・ビン・ラディンが公言した9.11テロ攻撃の動機の一部だった。中東に駐留する米軍の基地と軍隊の存在が、アルカイダの人員募集と相関関係にあるという研究結果もある。外交政策分析者のブラッドリー・F・ボウマンは、米軍基地と軍隊の存在が「反アメリカ主義と先鋭化の主要な触媒」となってきたと言っている。

 在外基地は、軍事的緊張を高め、紛争の外交的解決に水を差す傾向もある。中国やロシア、イランの観点からは、国境近くの米軍基地は軍事支出の増加を引き起こす脅威である。在外米軍基地は、実際には戦争の可能性を増大させ、アメリカの安全を低下させる。

 また米軍は、バーレーンやカタールのような非民主的国家に基地を置き続けるという問題のある嗜好を示し、「基地が民主主義を広める」という建て前をあざ笑うかの如きだ。世界中で、基地は環境破壊や強制移住、売春、事故、犯罪を引き起こしてきた。軍人の家族もまた、遠隔地への赴任や離別の痛みに苦しんでいる。

 ペンタゴンと議会は、改めて国内基地を閉鎖すると同時に、在外基地も閉鎖すべきである。基地周辺の地域社会には転換助成策が必要となるだろうが、基地閉鎖後の生活についての悲観的な予測は、誇張されたものだ。基地閉鎖が周辺地域社会に与える経済的影響は概して限定的であり、実際には好影響をもたらす場合もあることを、研究は明らかにしている。これは驚くに当たらない。基地は、広大な土地を占有する割に地域の経済成長にほとんど貢献しないという点で、他の形の経済活動に比べて非生産的な土地利用であり、雇用する人数も比較的少数である。

 在外施設の閉鎖は、国内基地の閉鎖に伴う政治的困難に比べれば、容易なはずである。何と言ってもアメリカの政治家にとって、国内基地だったら考慮しなければいけない地域雇用や収入の喪失に直面する有権者が、海外の場合ほとんどいないのだから。

 不要な国内外の基地を閉鎖することは、アメリカの財政上および物理的な安全保障を改善するための、現実的で必然的な方法なのである。


デイヴィッド・ヴァイン(David Vine)は、アメリカン大学の人類学准教授で、新刊書「Base Nation: How U.S. Military Bases Abroad Harm America and the World(基地国家:在外米軍基地はいかにアメリカと世界に害をなすか)」(マクミラン社)の 著者である。


訳注1. アルバ(オランダ語:Aruba)は、西インド諸島の南端部、南米ベネズエラの北西沖に浮かぶ島。高度な自治が認められたオランダ王国の構成国。

訳注2. 前方戦略(forward strategy):北大西洋条約機構 NATOが旧東西ドイツの境界付近で防衛する戦略をいう。1956年西ドイツが NATOに加盟するまでは、NATOの防衛線はライン川であったが、西ドイツの加盟によって前方に進められ、東西ドイツの境界線付近となった。



このブログの過去のヴァイン氏による記事

米軍事基地帝国の今:水草のように歯止めなく世界中に増殖している小規模軍事基地「リリー・パッド」(デイヴィッド・ヴァイン、アメリカン大学)David Vine: The Lily Pad Strategy (from TomDispatch - Japanese Translation)
(2012年7月25日)

米軍海外展開の真のコスト:米国納税者は米軍の海外展開に年間1700億ドルも払っている (デイビッド・バイン「TomDispatch」記事 The True Costs of Empire 和訳)
(2013年4月6日)



Wednesday, September 02, 2015

Towards Reconciliation - Professor Nobuyoshi TAKASHIMA will speak in Vancouver, BC, Canada to mark the 70th of End of WWII in Asia 戦後70年記念「和解に向けて」高嶋伸欣バンクーバー講演10月17日に開催

NEW!We added a flyer to the event. See below. It can be downloaded at: イベントチラシができました!ここでダウンロード。下方にも貼り付けました。
https://drive.google.com/file/d/0Bwl-GS-oCYGpdEctcFl6WGI3Skk/view 


On the day to commemorate the 70th anniversary of Imperial Japan's surrender, let us introduce an important upcoming event in Vancouver.  第二次世界大戦、日本降伏の日(9月2日)70年に、この秋バンクーバーでの重要なイベントを紹介します。

Those in and around Vancouver, BC, Canada, please mark your calendar! 高嶋伸欣琉球大学名誉教授の講演をカナダ・バンクーバーで10月17日土曜日(午後2時から5時まで、バンクーバーユニタリアン教会にて)行います。カレンダーをマークしてください。日本語での案内(概要)は下方を見てください。Visit our Facebook event page! フェースブックのイベントページはこちら

Asia-Pacific War 70th Anniversary Vancouver Committee invites you to:   

Towards Reconciliation

-  The 70th Anniversary of the End of the Second World War in the Asia-Pacific -

Special Guest: Nobuyoshi TAKASHIMA,
Professor Emeritus of the University of Ryukyus

Professor Nobuyoshi TAKASHIMA 


Chaired by Ellen Woodsworth

(Chair of Women Transforming Cities, Former Vancouver City Councilor)


Saturday, October 17th, 2015
2:00 PM – 5:00 PM

949 West 49th Avenue, Vancouver, BC (Oak and 49th)

Co-sponsored by the Social JusticeCommittee of the Unitarian Church of Vancouver

-    Admission by donation (suggested: $5)

2015 marks the 70th anniversary of the end of the Asia-Pacific War. This fall, we will welcome Nobuyoshi TAKASHIMA, professor emeritus of the University of Ryukyus, to Vancouver. Professor Takashima, a former high school social studies (geography and history) teacher and textbook author, a teacher educator at the University of Ryukyus, has been leading study tours to Malaysia and Singapore for the last four decades,
At a memorial for the Chinese victims of the Imperial
Japanese Army, August 15, 2014, in Kuala Lumpur,
with Takashima and his study tour members 
researching, documenting and publishing on the history of the region, particularly the massacre by the Imperial Japanese Army of tens of thousands of Chinese residents in the region, during the Japanese Army’s invasion and occupation from December 1941 to August 1945. 

Professor TAKASHIMA has published widely in the areas of history education, textbook issues, war responsibilities and war memory, including those of Okinawa. When he was in graduate school at Tokyo University of Education (now Tsukuba University), he was a student of late Saburo IENAGA, who is internationally known for the “Ienaga Textbook Lawsuits,” the three-decades struggle from 1960s to 90s against the Japanese government’s screening of the textbooks he authored. 

Professor TAKASHIMA also fought a separate textbook lawsuit from 1993 to 2005, over the description of the media control over events such as Emperor Hirohito’s death and the First Gulf War. In Vancouver, Professor TAKASHIMA will talk about his decades of collaboration with people in Malaysia and Singapore in learning and sharing memory of the war, as an example of grass-roots peace and reconciliation building in the Asia-Pacific region. We believe that such event will be significant in multi-cultural Vancouver with many of its residents closely connected to Asia, and we look forward to having cooperation and support from individuals and organizations who agree to the intent of this event. 

Professor TAKASHIMA also has a family connection to Vancouver – his father was the first principal of Steveston Japanese School, established in 1911. This is professor Takashima’s first public lecture tour in North America. 

  Professor Takashima will speak in Japanese and consecutive translation into English will be provided.

Please Support our Event!

-    DONATION: send a $20 cheque (payee: Vancouver Save Article 9) or any amount to: Mr. W. Matsuda, 9840 Francis Road, Richmond, BC V6Y 1B3

-    CONTACT our committee at van70th@gmail.com for volunteering opportunities and other inquiries.

Visit our event blog: http://van70th.blogspot.ca


アジア太平洋戦争終結70周年バンクーバー実行委員会主催

和解に向けて―

講師:高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)

司会:エレン・ウッズワース
  Women Transforming Cities代表、元バンクーバー市議会議員

日時:20151017日 (土)
午後2時から5時

会場:The Unitarian Church of Vancouver
949 West 49th Avenue Vancouver
 (Oak and 49th)

共催:バンクーバーユニタリアン教会ソーシャル・ジャスティス委員会

入場料は寄付でお願いします。($5)

★このイベントは英語で進行します。高嶋先生は日本語で講演し英語の逐次通訳が入ります。

琉球大学名誉教授、高嶋伸欣(たかしまのぶよし)先生は、元高校社会科教員としての経験を生かして、教科書執筆や、教員養成に取り組んで来ました。同時に40年以上、戦争の傷痕に学ぶマレーシア/シンガポールの旅を引率し、日本による占領時代(1941年12月から1945年8月まで)の歴史、特に日本軍による華人虐殺の歴史の調査研究や出版にも関わって来ました。今回の講演会では、高嶋氏が数十年に渡って、東南アジアの人々と、戦争の記憶について学び分かち合って来られた経験を語っていただき、これからのアジア太平洋地域の、草の根からの平和と和解への道筋を、皆さんと共に考えていきたいと思います。

ご協力お願いします!

― 寄附:$20ドル(またはご希望の金額;チェックの宛名:Vancouver Save Article 9)のチェックを下記の住所までお送り下さい: W. Matsuda 9849 Francis Road, Richmond, BC V6Y 1B3

ー ボランティアをしてくださる方はご連絡下さい。

連絡先 van70th@gmail.com

イベントブログ:http://van70th.blogspot.ca 

Here is the event flyer. チラシです↓