To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。peacephilosophycentre@gmail.com にメールをください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please email peacephilosophycentre@gmail.com to contact us.

Saturday, December 02, 2017

『正義への責任 世界から沖縄へ③』が出ました Responsibility for Justice - From the World to Okinawa Vol. 3

琉球新報で2014年10月から今年10月まで3年にわたり連載した海外寄稿シリーズ『正義への責任 世界から沖縄へ』をまとめた③巻(完結編)が12月1日発刊されました。

『敗北を抱きしめて』の歴史家ジョン・ダワー氏の長編寄稿、『天王山』の作者ジョージ・ファイファー氏、元米陸軍大佐、現在平和活動家のアン・ライト氏などによる、沖縄を軍事要塞として利用する「パックス・アメリカーナ」への痛烈な批判と国際的市民運動・抵抗への期待を込めた論文とメッセージ。監修・翻訳 乗松聡子

琉球新報STORE から買えます。

著者陣:
ジョン・ダワー、ジョージ・ファイファー、アン・ライト、レジス・トレンブレー、マリー・クルーズ・ソト、リチャード・フォーク、ティム・ショロック、乗松聡子(総括文)。

2014年初頭『海外識者沖縄声明』をうけてのメッセージ集:ピーター・カズニック、ノーマ・フィールド、デイビッド・スズキ、ジョセフ・ガーソン、マーク・セルダン、ガバン・マコーマック、ジョイ・コガワ、アレクシス・ダデン、ケビン・マーティン、ジョン・フェッファー、ハーバート・ビックス、ブルース・ギャグノン。

あとがき:普久原均(琉球新報編集局長)



12月5日 琉球新報に出た社告