To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。info@peacephilosophy.com までご連絡ください。

Sunday, October 19, 2014

「昭和天皇実録」発表を受けてのNYT論説記事:ハーバート・ビクス(日本語訳)NYT Op-Ed by Herbert Bix on the newly released biography of Emperor Hirohito

「昭和天皇実録」発表にともない『ニューヨーク・タイムズ』電子版に9月29日掲載(紙版は30日ニューヨーク版に掲載)されたハーバート・ビクス氏(ニューヨーク州立大学ビンガムトン校名誉教授)のオプエド(論説):

Hirohito: String Puller, Not Puppet
http://www.nytimes.com/2014/09/30/opinion/hirohito-string-puller-not-puppet.html?_r=0

、『アジア太平洋ジャーナル:ジャパンフォーカス』 Asia-Pacific Journal: Japan Focus が日本語訳とともに転載したものをここに再転載します。『ニューヨーク・タイムズ』が発表した中国語版はこちら

The Opinion Pages | Op-Ed Contributor 
Hirohito: String Puller, Not Puppet

By HERBERT P. BIXSEPT. 29, 2014
CAMBRIDGE, Mass. - LAST month, I received a startling email from an employee at one of Japan’s largest newspapers, about a development I’d long awaited. The government was about to unveil a 12,000-page, 61-volume official biography of Emperor Hirohito, which a large team of scholars and civil servants had been preparing since 1990, the year after his death.

I was asked if I would examine an embargoed excerpt from this enormous trove and then comment on the emperor’s perspective on various events, including Japan’s 1937 expansion of its conflict in China and its decision four years later to go to war with the United States and Britain; the trial of war criminals; the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki; and the American military occupation of postwar Japan.

But there was a condition: I could not discuss Hirohito’s “role and responsibility” in World War II, which would be strictly outside the scope of the newspaper’s reporting. Having devoted years of my life to examining precisely this topic, I politely refused.

The release of Hirohito’s official biography should be an occasion for reflection around the world on a war that, in the Pacific theater, took the lives of at least 20 million Asians (including more than three million Japanese) and more than 100,000 citizens of the Western Allied nations, primarily the United States and Britain.

Instead, Japan’s Imperial Household Agency, abetted by the Japanese media, has dodged important questions about events before, during and after the war. The new history perpetuates the false but persistent image - endorsed by the Allied military occupation, led by Gen. Douglas MacArthur - of a benign, passive figurehead.

As I and other scholars have tried to show, Hirohito, from the start of his rule in 1926, was a dynamic, activist and conflicted monarch who operated within a complex system of irresponsibility inherited from his grandfather, the Meiji emperor, who oversaw the start of Japan’s epochal modernization. Hirohito (known in Japan as Showa, the name of his reign) represented an ideology and an institution - a system constructed to allow the emperor to interject his will into the decision-making process, before prime ministers brought cabinet decisions to him for his approval. Because he operated behind the scenes, the system allowed his advisers to later insist that he had acted only in accordance with their advice.

In fact, Hirohito was never a puppet. He failed to prevent his army from invading Manchuria in 1931, which caused Japan to withdraw from the League of Nations, but he sanctioned the full-scale invasion of China in 1937, which moved Japan into a state of total war. He exercised close control over the use of chemical weapons in China and sanctioned the attack on Pearl Harbor in 1941. Even after the war, when a new, American-modeled Constitution deprived him of sovereignty, he continued to meddle in politics.

From what I’ve read, the new history suffers from serious omissions in editing, and the arbitrary selection of documents. This is not just my view. The magazine Bungei Shunju asked three writers, Kazutoshi Hando, Masayasu Hosaka and Michifumi Isoda, to read parts of the history. They pointed out, in the magazine’s October issue, significant omissions. Only the first of the emperor’s 11 meetings with General MacArthur was mentioned in detail. Instead, the scholars noted Hirohito’s schoolboy writings and commented on trivialities like the discovery of the place where his placenta was buried.

That does not mean that the project is without merit. Researchers collected 3,152 primary materials, including some previously not known to exist, such as the memoirs of Adm. Saburo Hyakutake, the emperor’s aide-de-camp from 1936 to 1944. They documented Hirohito’s messages to Shinto deities, fleshing out his role as chief priest of the state religion. They collected vital materials on the exact times, dates and places of imperial audiences with civil and military officials and diplomats.

Hirohito was a timid opportunist, eager above all to preserve the monarchy he had been brought up to defend. War was not essential to his nature, as it was for Hitler and Europe’s fascists. The new history details his concern over the harsh punishments enacted in 1928 to crush leftist and other
opposition to Japan’s rising militarism and ultranationalism. It elaborates on his role in countering a coup attempt in 1936 by young Army officers who wanted to install an even more right-wing, militaristic government. It notes that he cried for only the second time in his life when his armed forces were dissolved.

The official history confirms Hirohito’s bullheadedness in delaying surrender when it was clear that defeat was inevitable. He hoped desperately to enlist Stalin’s Soviet Union to obtain more favorable peace terms. Had Japan surrendered sooner, the firebombing of its cities, and the two atomic bombings, might have been avoided.

Why does all this matter, nearly 70 years since the end of the war?

Unlike Germany, where acceptance of responsibility for the Nazis’ crimes is embedded in government policy, Japan’s government has never engaged in a full-scale reckoning of its wartime conduct. This is partly because of the anti-imperialist dimension of the war it fought against Western powers, and partly because of America’s support for European colonialism in the early Cold War. But it is also a result of a deliberate choice - abetted by the education system and the mass media, with notable exceptions - to overlook or distort issues of accountability.

The new history comes at a politically opportune time. Prime Minister Shinzo Abe’s Liberal Democratic Party government is waging a campaign to pump up nationalist pride. Mr. Abe has made no secret of his desire to enhance the monarchy’s status in a revised “peace constitution” that would rewrite Article 9, which prohibits Japan from maintaining offensive forces.

The very idea of a carefully vetted official biography of a leader fits within the Sino-Japanese historical tradition, but raises deep suspicions of a whitewash, as well as issues of contemporary relevance. Okinawans cannot take pride in the way Hirohito sacrificed them, by consenting to indefinite American military control of their island. Japan’s neighbors, like South Korea and the Philippines, cannot be reassured by the way its wartime past is overlooked or played down, but neither can they be reassured by America’s confrontational, militaristic approach toward Chinese assertiveness.

After Hirohito died, in 1989, there was an outpouring of interest in his reign and a decade-long debate about his war responsibility. Now, after decades of mediocre economic performance, generational divides have deepened and the Japanese may not take much note. If so, a crucial opportunity to improve relations with Asian neighbors and deepen understanding of the causes of aggression will have been lost.


Herbert P. Bix, emeritus professor of history and sociology at Binghamton University, is the author of “Hirohito and the Making of Modern Japan.”

The following is a Japanese translation by The Asia-Pacific Journal.

論説 | 寄稿記事

ヒロヒト天皇:操り人形ではなく操る側であった

寄稿:ハーバート・P・ビックス  2014年9月29日

マサチューセッツ州ケンブリッジ: 先月、ある日本の主要紙にいる人物から、私が長いこと待ち望んでいたテーマに関し、驚くようなEメールをもらった。ヒロヒト天皇の死後翌年の1990年から大勢の学者と宮内庁職員で編成されたチームが編纂してきた61巻、1万2000ページにもおよぶヒロヒト天皇の公式の伝記(「昭和天皇実録」)が発表されるというのだ。

私が依頼されたのは、この膨大な史料のうち部外秘の抜粋部分を吟味し、1937年の日中戦争の拡大からその4年後に米国と英国に対し戦争を仕掛けた決定、戦犯の裁判、広島・長崎への原爆投下や米軍による戦後日本の占領など、天皇が様々な出来事をどのように見ていたかについてコメントをするというものであった。

しかし、それには1つ条件があった。この新聞社の取材対象の範囲からまったく外れるため、第二次世界大戦におけるヒロヒト天皇の「役割と責任」について議論してはならないというのだ。まさにこのトピックを研究することに自分の人生の何年をも捧げてきた私は、丁寧に断った。

ヒロヒト天皇の公式伝記の公開は、太平洋を舞台に少なくとも(300万人以上の日本人を含む)2000万人のアジア人の、そして西側連合国(主に米国と英国)の国民10万人以上の命を奪った戦争について振り返るまたとない機会となるべきである。

しかし、宮内庁は、戦前、戦中、戦後の歴史的な出来事に関する重要な問いかけを巧みにかわしてしまい、日本の多くのメディアもそれを助長した。この昭和天皇実録で、天皇は穏やかで受け身な形だけの君主という、ダグラス・マッカーサー元帥率いる連合国占領軍が支持した間違ったイメージをいまだに引きずっている。

私やその他の学者たちが明らかにしようとしてきたように、1926年の即位から、ヒロヒト天皇は、日本の画期的な近代化の初期を監督した祖父である明治天皇より継承した複雑な無責任のシステムの中で行動した、ダイナミックで積極的、かつ矛盾した二面性を持つ君主であった。ヒロヒト天皇(日本では在位期間の名前を取って昭和天皇と言う)とは、ひとつのイデオロギーと体制を象徴していた。それは、首相が閣僚の決定を携え天皇の承認を得る前に、意思決定プロセスに自分の意思を差し挟むことができる体制である。ヒロヒト天皇は舞台裏で動いていたため、この体制は、天皇は助言に従って行動していただけであると後になってその助言者たちが主張することを許した。

が、実際のところ、ヒロヒト天皇は決して操り人形ではなかった。日本が国際連盟からの脱退の原因を作った1931年の満州侵略を食い止めることができなかった一方、日本を総力戦状態へと駆り立てた1937年の中国への全面的侵略を許可し、中国における化学兵器の使用を綿密に指揮し、1941年の真珠湾攻撃を許可している。戦後になって、米国をモデルとする新しい憲法で天皇の統治権がはく奪された後も、天皇は政治への干渉を続けていた。

私が読んだ限り、今回の新しい歴史記録には編集時に重大な記載漏れがなされており、文書は恣意的に選択されている。これは、私だけの見解というわけではない。文芸春秋が、半藤一利、保阪正康、磯田道史の三氏に、この実録に目を通すよう依頼したところ、同誌10月号でこの三氏は、重大な記載漏れを指摘している。天皇とマッカーサー元帥との11回の会合のうち、詳細が書かれているのは初回のみで、そのかわり、ヒロヒト天皇が少年時代に書き残したものについての学者の意見が記され、天皇の胎盤がどこに埋められているのかといったどうでもよいことに関するコメントが載せられている。

だからといって、別にこのプロジェクトに価値がないと言っているのではない。研究チームは3152点もの一次資料を収集しており、これには、1936年から1944年まで天皇の侍従長を務めた百武三郎元海軍大将の回想録など、今まで存在自体が知られていなかったものも含まれている。また、国家宗教の長としてのヒロヒト天皇の役割を具体化する、ヒロヒト天皇の御告文・御祭文が掲載され、文官、軍当局者、外交官との謁見の正確な日時、場所に関する重要な資料も収集している。

ヒロヒト天皇は、臆病な日和見主義者であり、自らが守るように育てられた君主制の維持に何よりも力を注いだ。ヒトラーやヨーロッパのファシストにとって戦争は必要不可欠のものであったが、ヒロヒト天皇にとってはその性格から考えて戦争が絶対必要なものではなかった。新たに公開された記録は、日本で台頭する軍国主義と超国家主義に反対する左翼とその他の反対勢力に対する厳罰が定められた1928年の治安維持法の改正へのヒロヒト天皇の懸念を詳述している。さらに、より右翼的で軍国主義的政府の樹立を求めて若い陸軍将校が決起したクーデター未遂(2.26事件)を制圧するにあたって、天皇が果たした役割を詳細に描いている。また、天皇は、降伏時に自分の軍隊が解体されたときに人生で2回目の涙を流したとしている。

この公式実録により、日本の敗戦が不可避であることが明確になった時点でも降伏を遅らせた天皇の頑固さが確認できる。天皇はスターリン率いるソ連との和平工作を通し、より好ましい和平条件を得ることを渇望していたが、日本が早くに降伏していたら、日本の各都市への空襲や2回の原爆投下は避けられていた可能性がある。

こうした一切のことが、戦後70年近くになってなぜ問題となるのか?

ナチスの戦争犯罪に対する責任の受諾が政府の方針に組み込まれているドイツと異なり、日本政府は自国の戦時期の行為に対する全面的な清算に取り組むことはなかった。これは一部には、西側諸国との戦争に反帝国主義という側面があり、また冷戦初期のヨーロッパの植民地主義への米国の支援があったためであるが、明らかな例外を除けば、教育制度とマスメディアの影響を受けて、責任の問題を見過ごしたり、歪曲することを意図的に選択した結果でもある。

この新しい歴史文書は、政治的に絶好のタイミングに発表されたといえる。安倍晋三首相が率いる自民党政府は、国家主義を高揚するキャンペーンを行っており、安倍氏は、日本が攻撃的な戦力を持つことを禁止した憲法第9条を書き換える「平和憲法」の改正において、天皇の地位を強めることを明言している。

慎重に吟味された一指導者の公式伝記自体は、日中の歴史的伝統の範疇に収まるものであるが、隠ぺいがあったとの深い疑惑や今日的な意味を持つ諸問題を喚起するものだ。沖縄の人々は、ヒロヒト天皇が米軍による沖縄の無期限統治に合意したことで沖縄を犠牲にしたことに誇りを抱くことはできない。また、韓国やフィリピンといった日本の近隣諸国については、日本の戦時中の過去を看過、あるいは軽視するやり方をもっても、中国の自己主張の強さに対するアメリカの対立的で軍事的なアプローチでもっても、安心させることはできない。

1989年のヒロヒト天皇の死後、昭和への関心は溢れかえり、ヒロヒト天皇の戦争責任に関する議論が10年にわたって交わされた。現在、横ばいの経済成長が数十年にわたる中、世代間の相違は深まって、日本人はあまり注意を払わないかもしれない。もしそうなら、アジアの近隣諸国との関係を改善し、侵略の原因への理解を深める重要な機会が失われてしまうだろう。


ハーバート・P・ビックスは、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校歴史/社会学科名誉教授。『Hirohito and the Making of Modern Japan (ヒロヒト天皇と近代日本の形成)』(日本語版は講談社学術文庫『昭和天皇』上・下巻)の著者


参考記事(英語)

Herbert Bix and David McNeill
Selective history: Hirohito’s chronicles
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/10/11/national/history/selective-history-hirohitos-chronicles/#.VEMU40ctCpp

Norihiro Kato
The Journalist and the Emperor - Daring to Ask Hirohito About His Role in WWII
http://www.nytimes.com/2014/10/15/opinion/norihiro-kato-daring-to-ask-hirohito-about-his-role-in-WW2.html

Friday, October 10, 2014

「正しい歴史認識を迫る」本-『よし、戦争について・・・』被爆者団体の新聞で紹介

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の月刊『被団協新聞』10月号に『よし、戦争について・・・』本の紹介が出ましたので紹介します。書いてくれたのは被爆者の三宅信雄さんです。この「本の紹介」コーナーで同時に紹介されている『核兵器を禁止する』著者川崎哲(かわさき・あきら)氏(ピースボート共同代表)もオリバーが日本に来たとき親交を深めました。

 
 
2013年8月12日、都内で鳩山元首相と面会。左から藤田幸久参議院議員、鳩山由紀夫元首相、ストーン、カズニック、乗松。本書には鳩山氏からのコラム寄稿がある。(写真:鳩山由紀夫事務所)
 


 
 
 

Thursday, October 09, 2014

朝日新聞への要望書: 「第3者委員会」は「慰安婦」問題専門家不在/女性は1人だけ/問題のある御用学者がいるので再考を!



朝日新聞社

代表取締役社長 木村伊量様

常務取締役(大阪本社代表)持田周三様

取締役(編集担当)西村陽一様

取締役(西部本社代表)町田智子様 

前略 

去る856日、貴紙は、吉田清治の虚偽証言に基づいて貴紙が19829月以来たびたび記事を発表したことに対して訂正記事を発表し、最終的に謝罪を行われましたが、102日には、今度は「慰安婦」報道を検証する第3者委員会なるものを設置したことを発表されました。この第3者委員会の委員7名の顔ぶれを見ますと、委員会が客観的かつ公明正大に「慰安婦」報道を検証することができるとは私たちにはとうてい思えません。したがって、私たちは朝日新聞の運営にあたり最終的責任を負っておられる役員であられる皆様に、第3者委員会の委員選考と今後の「慰安婦」報道のあり方に関して真摯に再考されるよう、ここに強く要望いたします。 

貴紙が吉田清治虚偽証言に関する訂正記事を発表するや、あたかも河野談話は吉田清治証言にのみ依拠して作成されたかのような発言が、安倍晋三首相をはじめ安倍支持派の政治家たち、ならびに諸右翼団体から次々に出され、「強制」はデッチアゲであるという非難の声があがりました。しかし、あらためて言うまでもなく、河野談話には吉田清治証言は一切使われていません。当時の官房副長官であった石原信雄氏も、最近のテレビ・インタヴューで、吉田証言には虚偽の疑いがあったため河野談話作成のための資料としては使わなかったことをはっきりと認めています。一方、当時、同じように吉田証言を信じて報道していた産経、読売、毎日新聞や共同通信はほとんど非難を受けず、貴紙だけが攻撃のマトになったことに私たちは深い違和感を感ぜずにはいられません。貴紙がこの件で「訂正記事」とそれに続く「謝罪記事」を出されたことは、誰の目にも極めて唐突に映り、背後で読者たちが知りえない政治的操作が行われた結果であろうという疑いを持っている市民が多くいることは、皆様もすでによく承知しておられるものと思います。これは、「河野談話検証」と連結した「河野談話空洞化作戦」の一つであり、その最終目的は、河野談話を正式に無効とし、新しく「安倍談話」なるものを発表し、それを日本政府の公式見解としてしまうことにあるものと私たちは深く憂慮しております。 

そして今度は、「慰安婦」報道検証のための7名の委員からなる第3者委員会を貴紙は設置されました。しかし、この7名の中には、「慰安婦」問題に関して長年研究を続けてきた専門家は1名も含まれていません。さらに、「慰安婦」問題は「女性の人権侵害」という重大な問題を含むものであるにもかかわらず、委員の中には女性は1名しか含まれていません。本来ならば、この類いの委員会には、「慰安婦」問題に関して豊富な知識を持つ歴史家、ならびに、女性人権問題、とりわけ女性の戦争被害者の人権問題に詳しい(例えば国際人道法専門家の)女性が委員として数名加わっているのが当然です。ご承知のように、国連の諸人権関連委員会はたびたびこの問題で日本政府に対して厳しい勧告を出してきました。そうした国連の女性人権専門家の目から見ても、今回の貴紙の委員選考は、ジェンダー・バランスという点であまりにも世界の常識を欠いており、女性差別的選考と非難されるでありましょう。「女性が活躍する社会を」というかけ声を首相があげている国の主要新聞社の委員会が、しかも女性の人権問題にかかわる委員会がこのような委員構成では、委員会の検証結果がどのようなものであろうと、国際的信用を勝ち取ることはおそらく無理でありましょう。 

さらに、私たちがとりわけ憂慮するのは、委員の中に北岡伸一氏が含まれていることです。ご承知のように、北岡氏は安倍晋三氏ならびにその他の自民党保守有力政治家とひじょうに親しい関係にあり、これまで様々な日本政府の調査委員会に携わってきました。しかし、そのような公的委員会の委員としての彼のこれまでの言動を検証してみると、彼が真に学問的客観性に基づいて意見を述べているとは到底思えません。例えば、20099月、一連の日米核密約について外務省調査班は「有識者委員会」なるものを立ち上げて調査を行ったさいには、北岡氏は座長を務めました。201039日、この有識者委員会は「報告書」を発表。この報告書は、明文化された日米密約文書は存在しないとしながらも、日本の政府高官が「核持ち込み」の定義が日米間で不一致であることを知りながらも米国に「核持ち込み」の定義の変更を要求していないことから、「核持ち込み」について「広義の密約」があったと結論づけました。しかし「広義の密約」は「必ずしも密約とは言えない」と、ゴマカシの論理を使って、責任をうやむやにしてしまいました。さらに、北岡氏は、「集団的自衛権行使と憲法の関係を研究する」と称する安倍首相の私的諮問機関である安保法制懇(安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会)の座長代理も務めましたが、彼は、「当然であるが、懇談会は集団的自衛権の行使を主張しているのでなく、いざという時のために行使できるようにしておくべきだと主張したのだ」と、ここでもペテン師まがいの発言をしています。このようなゴマカシ発言を公然と行う人物を、私たちは、学者としてのみならず一個の人間としてすら信用することは決してできません。よって、私たちは、貴紙が当該委員会から北岡氏を外されるよう強く要望いたします。 

このような委員会のメンバー構成を見ますと、安倍政権に媚を呈するために朝日新聞はこの3者委員会を立ち上げたのではないかという疑念を私たちは持たざるをえません。もしそうであるとしたら、これは明らかに朝日新聞の自殺行為であることはもちろん、日本の報道界の自殺行為ともよぶべき由々しい事態です。それは同時に、メディアの市民に対する背信行為と厳しく非難されるべき行為でもあります。いずれにしても、今ひじょうに恐ろしい現象が日本を席巻しつつあることは間違いありません。「慰安婦」すなわち日本軍性奴隷問題での自分たちの長年にわたる「虚言」と「ごまかし」を隠蔽しつつ、自分たちに異を唱える人間あるいは特定のメディア組織が非意図的におかした間違いを「虚言」、「ごまかし」と激しく徹底的に非難攻撃し、潰してしまうことで、自分たちの「虚言」があたかも「真実」であるかのように国民に思い込ませる、危険きわまりない大衆心理操作が大々的に行われています。しかも多くのメディアと知識人が、その卑劣で不当な大衆心理操作に自ら加担することで権力に媚びていることを恥とも思わない状況。これは第2次世界大戦中に日本の軍事政権やナチス政権が行ったメディア支配と大衆心理操作を彷彿させるものです。 

今、日本がこのような危機的な社会状況にあるからこそ、貴紙がいかなる政治的抑圧に対しても毅然とした態度をとり続け、市民に真実を伝え、新聞報道機関としての重大な社会的責任を全うされんことを強く要望いたします。それが、日本の報道機関としての貴紙が、国際的信用を獲得する最も堅実な方法であるとも私たちは確信します。貴紙のみならず、かつて日本の新聞社は、こぞって軍事ファシズム政権の政治圧力に伏して戦争加担という大きな過ちを犯しました。貴紙が再びこのような大きな過ちを繰返されることがないことを祈ってやみません。 

なお、この要望書は、できるだけ多くの市民にも読んでいただき考えていただくために、公開要望書とさせていただくことをご了解下さい。 
 

2014109 

日本軍「慰安婦」問題解決ひろしまネットワーク・共同代表

足立修一、高雄きくえ、田中利幸、土井桂子

通信連絡先

730-0036

広島市中区袋町6-36 広島市まちづくり市民交流プラザ気付mb132

 

Saturday, October 04, 2014

高嶋伸欣マレーシア講演「日本軍によるマレー戦線の加害事実を掘りおこしてきた私たちのこれまでの取り組み」(2014年8月16日)

今年の夏、ブログ運営者は広島と長崎、そして沖縄への旅の後、琉球大学名誉教授高嶋伸欣氏が1983年から行ってきている「東南アジアに戦争の傷跡を訪ねる旅」に部分参加し、マレーシアとシンガポールに行った。8月16-17日にマレーシア・ペナン島の華人団体「ペナン州華人大会堂」が主催した「8・15世界和平日記念活動」の一環として8月16日午後7時半-9時に韓江学院講堂にてイベント「血と涙の3年8か月の歴史-第二次世界大戦のことをどれぐらい知っていますか?」が開催されたが、その中で高嶋伸欣氏の講演が持たれた。そのときの講演録を紹介する。

2014年8月16日、韓江学院でのイベントにて発言、『旅行ガイドにないアジアを歩く マレーシア』を
紹介する高嶋伸欣氏。右は通訳・現地ガイドの揚佐智氏。



「日本軍によるマレー戦線の加害事実を掘り起こしてきた私たちのこれまでの取り組み」


 高嶋伸欣講演記録

真珠湾攻撃より早かったコタバルでの開戦

私がマレー半島で日本軍がどのような住民虐殺やその他の加害行為を行ったかについて調べ始めたのは、1975年8月からです。以来今日まで40年間その取り組みを、多くの仲間と継続してきました。本日は、その間の様子の概略を限られた時間の中で、判明した歴史的事実をどのように日本の人々に伝えたかを中心に、お話します。

日本では1941年12月8日の戦争のはじまりは真珠湾からだった、と多くの人が今でも思っています。けれども実は日本海軍が真珠湾を攻撃する一時間程前にマレー半島東岸のコタバルに日本陸軍が上陸し、英国軍と戦闘を開始していました。このことは、戦後に日本政府の公式記録で、確認されています。日本軍のあの戦争の目的は、ハワイを攻略することではなくて、東南アジアの資源地帯を横取りすることだったのです。ただし、アメリカ海軍がその邪魔をするのは確実と思われました。そこで、アメリカ海軍の根拠地があるハワイを不意打ちで攻撃して大打撃を与える、ということで真珠湾を攻撃したにすぎなかったのです。ですから日本軍がマレー半島の側からシンガポールを攻めて、2月15日に占領をしたときには、大戦果だということで日本中の新聞に賞賛する記事が出ました。盛大な提灯行列なども行われて、国民の多くが喜びました。そしてさらに日本軍がインドネシア・スマトラの油田地帯の占領にも成功すると、ますます勢いづきました。この時、同時に、中国戦線が泥沼の戦いのもとになった援蒋ルートについても、それを切断するために北部ビルマ(ミャンマー)に一挙に攻め込んでいました。この時に、ペナンからも参加していた「回国機工」の皆さんの内の何人かが犠牲になっています。


日本軍の敗北原因になった予想外のマレー戦快進撃後の島嶼の占領

日本軍は目標としていた「天長節(天皇誕生日)」の4月29日よりも早くシンガポールやビルマを占領できました。実は、日本軍は、それまでの中国軍との戦いとは違って、米軍や英軍はずっと手強いと思っていたのです。そこで、シンガポール、スマトラ、ビルマなどを占領して、資源産地の横取りに成功したら、外交交渉で停戦にして、占領地域での石油などの生産ができるようにすればよい、と考えていたのです。ところが実際には米軍や英軍があまりにも弱くて、予想よりも早くシンガポールなどを占領できたものですから、日本軍は自信過剰になってしまったのです。この自信過剰が、その後大きな間違いをさせてしまいます。それは、インドネシアからパプア・ニューギニア、南太平洋までを一気に奪ってしまおうという意見が声高に唱えられ、冷静な判断が封じられてしまったということなのです。口先だけの勇敢さを誇大に重視して、実態を厳密に分析することを軽視する、日本軍の間違ったやり方がここでまた行われてしまったのです。

この結果、マレー半島とシンガポールにいた陸軍の部隊は、復員の期待を裏切られ、これらの島々に占領軍として移動させられてしまいました。そうすることで、日本軍は島々に兵力を分散させてしまったのです。一方米軍は、米本国やオーストラリアで態勢を立て直して、順番に一つずつ島を取り返し始めたのです。日本の陸軍はそれまで大陸での戦闘ばかりで、島での戦闘、特に島を守る戦いの経験がなく、戦術も補給や増援についての研究さえしていませんでした。これでは、勝つどころか占領した島々を守り通せるはずがありません。こうして、日本軍の負け戦が始まったのです。日本軍はミッドウェー海戦で海軍が大被害を受けて、海からの物資輸送、増員の体制がなくなったことに加え、島々に兵力を分散したことによって、負けの態勢を自分で作ってしまったのです。日本軍はそれぐらい計画性のない戦争をしていたのです。


日本軍の公式記録が証明している住民虐殺の事実

日本軍は、占領したマレー半島でもきちんと先を考えた占領政策を実行していたわけではありません。それのことを証明しているのがマレー半島での無差別な住民虐殺です。これでは、占領後の資源生産に住民の協力を得られるはずがありません。住民虐殺の証拠となったのは、日本軍の公式記録『陣中日誌』です。私とともに調査研究をしていた林博史さん(関東学院大学講師・当時)が1987年、日本の防衛庁(当時)研修所の図書館で見つけ出したのです。ネグリセンビラン州を占領した陸軍第5師団歩兵第十一連隊、第七中隊の『陣中日誌』のコピーを入手した私たちは それを詳しく読み取りました。1942年の3月1日から31日まで、この間日本軍はペナン島を含めマレー半島各地でいわゆる「敵性華僑狩り」を実行していたのです。十一連隊の本部から正式な命令書が出され、「人目につかないところにいる中国系の人、イギリス人などは老若男女問わず全て殺せ」と、各部隊に指示しています。1937年12月の南京大虐殺と比較してみると、マレー戦線での虐殺は公式の命令によって実行したものだった点が大きな違いです。『陣中日誌』の3月16日のところには、「不偵分子一六八ヲ刺殺シ」云々と非常に具体的に書いてあります。

これは軍の公式の記録ですから個人が手帳に書いていた日記とはまるで信憑性が違います。動かぬ証拠であるこの記録の発見は、当時、新聞やテレビによって全国的に大きく報道されました。その結果、マレー半島の住民虐殺については、元日本軍関係者もこれは間違いだとか嘘だとか一切言わなくなりました。


教科書にも記述されるようになった住民虐殺の事実

私たちが調査を始めた1970年代の歴史教科書には、こうした住民虐殺のことがほとんど書かれていませんでした。それが、最近の中学校の歴史教科書では、シンガポールの大虐殺を記憶し追悼する「血債の塔」の写真を載せて、説明の文章から学ばせるようになりました。そのようなことが日本の歴史教科書にも書かれるようになったのは、日本で私たちと同じようなことを考えている人たちが協力してくれた結果です。

また、出版社の人が私たちの調べた結果を本に載せましょうと言ってくれました。その一つが、マレー半島中にある虐殺犠牲者の追悼碑の分布を2ページの見開きで示した本です。1992年に出版した「写真解説『日本の侵略』」(大月書店)では、マレーシアの地図にそれまでにわかっていた30か所の追悼碑の写真を組み込んで載せました。日本の人々は、これで初めて住民虐殺がこんなに多くのところで行われていたのだと知って、驚いたはずです。

ところで、この2ページに載せた30か所の追悼碑を私が確認できたのは、マレーシアの皆さんが協力してくださっていたからです。そこで、この本をマレーシアに持って来て、「皆さんと調べたことを、このようにして本にまとめて日本人に知らせられるようになりました」と報告しました。すると、マレーシアのあちこちで大騒ぎになりました。マレーシアの皆さんは、自分の地域で起きた事件は、お年寄りからも聞いて知っていました。けれどもマレー半島全体でこれほどたくさんの事件が起きていて、こんなに多くの追悼碑が建っていたとは知らなかった。それを日本人が調べた、ということに驚いたということでした。もちろん「これは私たちだけで調べたのではなく各地で地元の人が協力してくれたからです」と説明しました。すると若い新聞記者の皆さんが、「まだもっとあるかもしれない。もう一回自分たちの地域を調べ直そう」と言いだしてくれたのです。

その一方で、ネグリセンビラン州の人たちは、1980年代の前半から資料集を作るための取り組みをすでに始めていました。しかし、編集は終わったけれども出版する資金がないということで、長い間印刷ができないままになっていることを、1987年の12月の調査の時に、私たちは知りました。そこで、「それはもったいない。出版のために、私たちが印刷費用を前払いするのはどうでしょうか。そのかわり、私たちにその金額に見合うように、出版した本を冊数分いただければ、日本で販売して資金の回収をしたいと思います。でもみなさんが、日本人がそのようなことをするのは不愉快だ、ということでしたら、提案は撤回します」と申し出ました。返事は「ノープロブレム!」でした。こうして1988年1月に出版されたのが、森美蘭(ネグリセンビラン州)中華大会堂編『日治時期森州華族蒙難史料』です。

この時の印刷代分として私たちは300冊を受け取り、日本国内に紹介し販売しました。さらに、中国語で書かれたこの本を日本語に翻訳して『マラヤの日本軍』(青木書店1989年)として出版し、その著作権料を中華大会堂に届けました。そのお金で、増補改定版がまた発行されたと、後になって聞きました。


加害の事実を多くの日本人が知るためのガイドブック発行

私は1983年から今年まで、マレー半島各地での加害の事実を確認し、追悼するツアーを企画して実行してきました。今回で40回目になります。そのたびに報告書を発行し、現地で得た情報などを翻訳して紹介してきました。この間、ネグリセンビラン州などで新たに見つかった追悼碑の保存や改修にも資金面などで協力しながら交流を続けています。クアラルンプールでは毎年8月15日には地元の華人の団体の追悼行事に私たちも参加させてもらうということを繰り返しています。今年も、クアラルンプールでセレモニーに参加してきました。

さらに、先ほどは2ページにまとめた30か所の追悼碑のことを紹介しましたが、その後私は、『写真記録 東南アジア-歴史・戦争・日本- 第3巻 マレーシア・シンガポール』(ほるぷ出版社 1997年)を出版し、新しくわかった追悼碑のことなども紹介をしました。現在では、追悼碑など70か所までわかっています。

これらの本や資料を、日本の学校や図書館に備えてもらうように働きかけ、多くの人に読んでもらいたいと努力してきました。さらに実際に現地へ出かけて、確かめたいという人が一人でも行けるように、追悼碑への道順などを示しながら、なぜそういう追悼碑が立てられるようになったのかということを説明したガイドブックを作ることにしました。教師の鈴木晶さんと関口竜一さんとの共著で、2010年に『旅行ガイドにないアジアを歩く マレーシア』(梨の木舎)として発行しました。その中には、このペナン州にある追悼碑や鐘霊中学校の犠牲の解説なども載せてあります。


今後も怯むことなく歴史の事実を明らかにしていくために  
私たちはこのような活動を40年間続けてきました。その間には嫌がらせもずいぶんあって、家族が怖い思いをしたこともあります。また、日本の加害の事実を教科書に書こうとした時には、日本の政府(文部省)の教科書検定で原稿を却下されるということも経験しました。その時には、そのまま泣き寝入りしたのでは、証言をはじめ、さまざまの協力をしてくださったマレーシアの皆さんに言い訳ができないと考えて、政府と裁判で闘うことにしました。裁判では、原告が私一人でした。当時国立大学付属高校の教師という立場で、文部大臣と争うことになりましたが、ここに一緒に旅行で来た人たちなど日本中の大勢の人たちが支えてくれました。

私は、これからも、歴史の真実を明らかにし、平和な社会を作っていくために、皆さんと一緒に行動を続けたいと思っています。このような活動は、私だけではなくここに来ている人たちが引き継いでくれると思いますので、これからもよろしくお願いします。

今日は、こちらの地域の皆さんと交流できる機会をつくっていただき、誠にありがとうございました。


高嶋伸欣(たかしま・のぶよし)
1942年生まれ。琉球大学名誉教授。高校教諭だった1975年以来、東南アジアでの皇軍による住民迫害を調査。その記述を削除させた検定に対し、横浜で教科書裁判を提訴(1993)。一審は勝訴、高裁・最高裁(2005)は敗訴。81年度「日本史」教科書検定で沖縄戦住民虐殺の記述削除以来、沖縄戦と教科書問題にも取り組んでいる。著書『80年代の教科書問題』(新日本新書、1984)『旅しよう東南アジアへ』(岩波ブックレット、1987)『拉致問題で歪む日本の民主主義』(スペース伽耶、2006)、共著『旅行ガイドにないアジアを歩く マレーシア』(梨の木舎、2010)など多数。