To view articles in English only, click HERE. 日本語投稿のみを表示するにはここをクリック。点击此处观看中文稿件한국어 투고 Follow Twitter ツイッターは@PeacePhilosophy and Facebook ★投稿内に断り書きがない限り、当サイトの記事の転載は許可が必要です。このブログの右サイドバーにある Contact Us フォームで連絡ください。Re-posting from this blog requires permission unless otherwise specified. Please use the Contact Us form in the right side-bar to contact us.

Tuesday, January 17, 2017

「少女像」撤去要求そのものが恥ずかしいのです。日本発の署名運動に賛同ください。We should respect the "comfort women" statue and should not ask for removal - an online petition campaign starts in Japan

ソウル日本大使館前の「平和の碑」
(乗松聡子撮影:2016年10月29日)
国家の過ちを正し「和解」への道を進むには、加害の真実を究明し、被害者に心から謝り、国家責任を認めできる限りの補償を行い、この歴史を忘れぬよう後世に伝える教育をする、という基本中の基本がある。しかし2015年12月28日の「日韓合意」は、日韓政府がそれらの基本に全て反する道を進むことを敢えて選んだかの如くの「合意」であった。日本政府はこの合意を「最終的かつ不可逆的解決」と呼んだが、私はこの言葉を聞いたとき、ナチスが欧州のユダヤ人を絶滅する計画を「最終的解決」と呼んだことを思い出し背筋が寒くなった。実際友人と共有したら、そう連想したのは私だけではなかった。「ナチスから学ぼう」という冗談とも言えない麻生太郎の言葉は広く知られているが、国際的にこのような連想をさせる概念をどうしてわざわざ使ったのか。単に知らなかったのか、もしくは意図的だったのか。いずれにせよ、これは偶然とも言い切れないものがあると感じた。ナチスのユダヤ人に対する姿勢と、日本政府による「平和の碑」(通称「少女像」)や「被害者の訴え」、ひいては「慰安婦」の歴史そのものに対する姿勢に通底するものは、「忌まわしいものは一掃してしまえ」という考えだからである。各地にできている「平和の碑」は、この歴史を記憶し被害者に想いを馳せるためのものであると同時に、日本政府に対し「歴史と被害者から逃げるな!」との警告のシンボルでもある。「日韓合意」の一年後に、「平和の碑」が日本政府の望み通りに減るどころか(そもそも撤去を目的にすることからして恥ずかしいのだ)、プサンの領事館前にさらに増えたことは、この「合意」がいかに「和解」への道からかけ離れているかということの再確認の機会になったのではないだろうか。

そういった中、日本の中から、自らの政府に対し、「少女像」を尊重し、撤去要求はやめよという声が出てきており、Change.org における電子署名運動に発展しています。この署名運動を仲間と始めた秋田大学教員の勝守真氏に、これを始めたきっかけを尋ねたら、以下のようなコメントをもらいました。
戦争の罪を上塗りし、日本の恥を世界にまき散らす安倍政権、その政権をなぜか支持しつづける多くの国民、そして保身のために権力にすりよるメディアーーそれを見ていてもう我慢できす、市民として声を上げなければと思って始めました。
以下、勝守氏ら、「『平和の碑』を守る市民の会」による安倍首相に対する声明文です。

賛同する人はぜひ署名サイトで署名してください。

短縮URLは:https://goo.gl/KtCoJv


日本政府は「慰安婦」少女像を尊重し、撤去要求をやめよ!

日本政府は、韓国・プサンに日本軍元「慰安婦」を象徴する少女像が立てられたことについて、2015年の「日韓合意に反する」などとして像の即時撤去を要求し、駐韓日本大使らの一時帰国などの対抗措置をとりました。政府はこれまでも、ソウルの日本大使館前の像をはじめとする世界各地の少女像に不快感を示し、遺憾の意などを表明してきましたが、今回の対応はそれを上回る強硬なものです。

しかし、日本政府はなぜそのように少女像を目の敵にするのでしょうか。そもそも少女像(正式には「平和の碑」)は、「慰安婦」にさせられた被害者の苦痛を記憶し、二度と同じ過ちが繰返されないことを願う人々の思いを象徴する像です。日本政府がその像を敵視して撤去を要求することは、日韓合意のなかで自ら表明した「おわびと反省」、また「全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒しのための事業を行う」という約束にも反して、被害者の心をふたたび傷つけ、名誉と尊厳を踏みにじるものにほかなりません。政府は撤去要求の理由として、像の設置は「慰安婦」問題が「最終的かつ不可逆的に解決される」とした日韓合意に反していると主張していますが、それは違います。合意の内容を正確に読めば、元「慰安婦」の「心の傷を癒やす措置」を「着実に実施するとの前提で」「この問題が最終的かつ不可逆的に解決される」とされており、日本政府は今まさにその前提を自ら崩し、問題解決への道を自ら閉ざしてしまっているのです。

もし、たとえば広島や長崎の原爆記念碑は「反米的」だとしてアメリカが撤去を要求してきたら、被爆者や日本の市民たちはどう思うでしょうか。本来、日本こそが元「慰安婦」への謝罪と反省の意を表すモニュメントを建てるべきところ、それを怠ってきたばかりか、被害者側の思いを込めた少女像の設置を非難するというのは、全く理不尽な行為です。それはまた、日韓関係を極度に悪化させ、アジア民衆の日本に対する不信をますます強めるものでもあります。私たちは、日本政府が少女像撤去の要求をただちに取り下げ、被害者の尊厳の回復に向けて真摯に取り組むことを要求します。

2017年1月 「平和の碑」を守る市民の会


署名サイトはここです。


当ブログの関連投稿:

歴史の不正義にどう向き合うか―カナダの視点





1 comment:

  1. こんな暗愚で恥知らずな政府しか持てない日本という国が本当に恥ずかしい。少女像は日本の首相官邸の前に置いた方がいい。毎日、それを眺めて、安倍も日本の侵略に明け暮れた過去を反省するがいい。

    ReplyDelete